スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

保険外交員が持っている資格

JUGEMテーマ:生命保険

 

いくつか保険に関する相談に言ってみたのですが、特に気になったのが保険に関わる人が持っている資格はどんなものか調べてみました。生命保険や損害保険に関わる人は生命保険募集人や損害保険募集人という資格を持たないといけないのです。

 

損害保険に関しては自動車、火災、傷害などの保険の種類によって分けられているのです。自動車保険に加入する時に、世話をしてくれる人が火災保険の資格しか持っていなければ、その人は契約をもらってはいけないのです。

 

また、生命保険には一般、専門、応用、大学とか本格的な範囲になっていくようです。また、私がこの間相談を受けた人は学資保険などの相談の際に変額保険を取り扱う専門資格も持っているので、いろいろな保険を取り扱うにあたっては事細かく資格をもっていなければならないようです。

 

他にも金融知識の専門家と言われるファイナンシャルプランナーなどの資格もあるので、その資格をもっているだけですごく頼りにしてしまいます。私もこの資格を取って、保険の仕事はしませんが、お金に関する知識を広げてみたいと思います。

 

ファイナンシャルプランナー 試験  

生命保険を見直し比較する意味

生命保険の比較をしたことがありますか?生命保険選びは、実は車を選んだり、住む家を選ぶのと同じくらいに、慎重に選ぶ必要があります。その理由は、生命保険に支払うお金が高額になるからです。毎月の支払では、それほど大きな額にはならないと思いますが、それが何年も支払い続ければ、大金になるわけで、住宅にかかる費用の次に人生で支払っていくお金が大きいとされているのが生命保険です。

 

そのため、安易な考え方で加入して、自分が必要としていない保障にお金を支払っていくことのないように、しっかりと中身を見た上で選ばなければいけません。生命保険の比較の方法としては、保険料の安さで選ぶ方法も一つあります。しかし保険料が安いからと言って、内容を見ないで加入してしまうと、実際には自分にとって必要のない保障だったり、あまり保障内容が充実していない場合もあるので、保険料の安さだけで選ぶというのは危険です。


比較する際のポイントとして、もしも保険料の安さで選ぶのであれば、同じ保証内容で、サービス面や対応面なども見た上で選んでいくといいと思います。他にも、生命保険の比較では、充実した特約の有無や、サービス面での比較もできます。
また、最近は口コミやレビューなども参考にしながら、生命保険を選ぶという人も増えていると言われています。実際に生命保険に加入している人の話を聞いてみた上で、比較すると、よりスムーズに選ぶことができますので、お勧めです。

終身と定期どちらがいいのか?

生命保険は色々と種類があるので、どれを選べばいいのかわからない人も多いと思います。生命保険の基本型について考えていきたいと思います。生命保険の内容はとても複雑になっていると思われがちなのですが、実際には、三つの種類しかありません。定期保険と終身保険、そして養老保険の三つだけが存在しているのです。

 

なぜ生命保険が複雑に見えるのか、それは、これらを色々と組み合わせたりしているために複雑に思えるだけです。まず一つ目の定期保険については、決められた期間内に死亡した場合には保険金がもらえるという保険で、生存給付金などもありませんし、死亡保障も決められた期間だけですから、保険料は安く、それでいて保障は高額であることが特徴です。掛け捨てで、かけている人が多い保険はこの定期保険と言うことになります。


そして終身保険についてですが、こちらは死亡保障が一生涯続いている生命保険のことを言います。生存給付はないのですが、死亡保障にも制限がないので、定期保険見たいに、期間が決められていないので安心です。しかし保障期間が無制限と言うことで、保険料は高めに設定されているのです。


そして養老保険は、死亡保障が付いていて、なおかつ、生存給付金が付けられているもので、生命保険の基本型の中でも、一番保険料が高いのが特徴です。生命保険はこうして色々な種類がありますが、基本はこの三つなので、それほど難しく考えることもありません。基本の形に合わせて選ぶだけなのです。

生涯払う保険料はどのくらいになるか?

生命保険に加入するにあたって、気になるのは保険金の総額と言う人も多いと思いますが、それ以外にも、支払っていく生命保険料が気になる人も多いと思います。充実させたいと思っている保障にはそれなりの保険料が必要になってきますが、保証内容に合わせて保険料も比例してきますので、自分の希望通りに設定できると思います。


保険料を安く設定すれば、それだけ、保障は手薄になりますが、あまり最初から充実させて保障をつけていると、保険料の支払いが苦しくなる場合があります。たとえば給料が低くなったり失業した場合に、保険料が支払えなくなることもありえますから、注意しましょう。


1年間に保険料を平均どれくらい支払うのかと言うと、だいたい15万円位と言われています。20年間定期保険に入って生命保険料を支払っていくと、単純に計算しても、300万円支払うことになります。定期付きの終身保険に入って、40年近く支払い続けた場合の生命保険料の場合には、総額で600万円以上も下らないと言われていますから、生命保険料と言うのは、住宅に支払う費用の次に、沢山支払うことになるのです。


生命保険には安心して入りたいと思っている人も多いと思いますから、保証内容をよく見たうえで、保険料のバランスも考えたうえで、選ぶのが一番です。保険料と保障のバランスがアンバランスだと、孫をすることにもなりますので、よく検討した上で加入するようにしましょう。

結婚時の見直しは必要か?

生命保険は結婚を機に一度見直しを行った方がいいと思います。なぜなら、今までは独身で、自分のためだけにかけてきたという生命保険も、これからは、自分に万が一のことがあった場合に、カバーできて、残された家族が困らないように加入するというスタイルに変わってくるからです。今まで独身の時には、医療保険だけに加入しているという人も多かったと思いますが、結婚をしたのでしたら、死亡保障についても考えていかなくてはいけません。


しかし必ずしも、夫に死亡保障が必要で、妻には死亡保障が必要ではないということではありません。なぜなら、夫も妻も同等に仕事をしている場合には、お互いで家計を支えていることになりますので、妻にも死亡保障が必要になってくるでしょう。
そのうえで、妻が出産や子育てのために専業主婦になれば、妻にかけていた死亡保障は必要がなくなりますが、夫に万が一のことがあった場合には、さらに死亡保障を手厚くする必要がありますから、そちらに保障を回すことが望ましいでしょう。


生命保険は結婚を機に、見直すことは重要なことで、またすぐに子供が生まれたという場合には、さらに見直しが必要になってくると思います。これから結婚をするという人は、結婚後のライフスタイルに合わせて生命保険を考えましょう。必ずしも、新婚の家庭はこんな生命保険に加入しなければいけないという決まりはありません。それぞれの家庭のライフスタイルによって違ってきます。

独身の場合に意識しておくこと

独身の人が生命保険に入るという場合には、どのような入り方をするのがいいのでしょうか。独身の人の場合には、死亡保障と言うのは、それほどつけなくてもいいとされています。死亡保障は、自分に万が一の時に、残された家族が生活費に困らないようにするために保障をつけるのが目的ですから、独身で、自分に万が一のことがあったときに、困るような家族がいない場合には、それほど死亡保障をつける必要はないのです。

 

それよりも、独身の場合には、医療保障を手厚くした方がいいでしょう。扶養する人がいない独身の人の場合には、自分が怪我をしたり、病気になったときに困らないような保障を備えておくのがいいと思います。独身で女性の生命保険の加入の仕方としても、同様ではありますが、それに加えて、女子特有と言われている、乳がんや子宮などの女性だけにかかりやすい病気にかかった場合に、手厚い補償が受けられるというようなタイプの生命保険に加入しておいた方がいいでしょう。


独身の人の中には、ご両親を養っている方もいると思います。ご両親を養っている人の場合には、自分に万が一のことがあった場合には、困る家族が出てきますので、その場合は、死亡保障を手厚くしておいた方がいいので、死亡保障の生命保険に加入しておきます。しかし家族がいなくて独身の人の場合には、死亡保障は必要ないと言ってもいいと思いますので、それよりも、医療保障を充実させることを優先させましょう。

保険契約の際にとても重要なこと

生命保険を選んで、契約をするということになったら、色々と考えなければいけない点がありますので、紹介して行きたいと思います。生命保険の契約の際には、まず受取人を決める必要があります。契約者と被保険者、そして保険金を受け取る人を決めます。保険に加入する人のことを契約者と言いますが、これは保険料を支払っていく人のことを言います。そして被保険者は、その人の命にかかわることや怪我などに保険料が払われることになる対象となる人のことです。


そして保険金の受取人はご存知の方も多いですが、保険金や給付金を実際に受け取り人のことを言います。この三つの立場をよく理解した上で、誰がなるのか、考えたうえで、生命保険の契約をしなければいけないのです。

 

生命保険の契約の際に、特に重要なこととしては、告知義務もあります。告知義務と言うのは、生命保険の契約をする際に、被保険者の今の健康や、働いている職種などを告知することになっています。健康状態とか、過去の病歴などについて、詳しく告知書に書いて提出することになります。これがきちんと書かれていなければ、契約をすることができませんし、それだけでなく、もしも偽りの内容を書いているという場合には、告知義務違反になるので、生命保険の契約の際には十分に注意した方がいいでしょう。生命保険の契約の際に気をつけることは、これらの二つ以外にもいろいろとありますが、慎重に加入を検討した上で契約をしましょう。

 

エステ 契約 性病 保険 結婚相談 契約

生命保険のメリットとは?

生命保険のメリットはそれぞれの、保険種類によっても違ってきます。定期保険、終身保険、そして養老保険と言う種類がありますから、それぞれの保険のメリットを紹介したいと思います。

 

一般的に掛け捨ての保険として知られている定期保険ですが、こちらのメリットとしては、生命保険の終身保険に比べてみると、毎月支払う保険料がかなり安めに設定されているということがメリットとしてあげられます。保障期間も自分で設定することができますので、子供が独立するまでといったように、自分のライフスタイルなどに合わせて定期的に見直しも可能です。


そして生命保険の終身保険のメリットとしては、万が一の保障が一生涯保障されるということが一番のメリットです。保険料を60歳までで払い込んでおいた場合でも、その保険を解約しなければ、一生涯死亡保険金がもらえますから、安心の生命保険です。もしもその時点で解約をしたとしても、解約返戻金ももらえますから、掛け捨てではなく積立式の生命保険と言うメリットがあります。

 

そして養老保険と呼ばれる生命保険のメリットは、損がない生命保険と言うことです。保険をかけている期間中に亡くなっても、満期まで生きていても、同額をもらえるというメリットがあります。貯金をしているのと同じ形で、それに保険が付いているのですから、普通に貯金をしていても保障はありませんが、保障がついているというメリットがあるのが嬉しいですね。

 

自動車 損害保険 生命保険 見直し うつ病 保険

1